講師紹介

杉浦 敏代


マザーリングマネジメント協会 認定講師 “スタッフビルダー”
日本料理食卓作法認定講師(HRS 協会)

1967年、愛知県生まれ。家族は夫と長男、次男の3人。
1991年に株式会社ナゴヤキャッスルに入社。
宿泊部、購買部を経て、2003年から15年に渡り人材育成のセクションに所属。
2016年にマザーリングマネジメント協会認定ティーチャー資格を取得、名古屋を拠点にイントロダクション講座を開催。
2018年よりマザーリングマネジメント協会所属の講師となる。

名古屋を代表するホテル、ウェスティンナゴヤキャッスルの運営経験を持つ大規模な組織の中で、新入社員のビジネスマナーから、中堅社員・幹部社員の階層別研修まで、様々な人材育成を手掛け、サービスカルチャーの構築に尽力した。

また社外では、官公庁・銀行・病院・旅館・ホテル・ドライブイン・一般企業・各種学校(大学:専門学校:高校:中学校)へ赴き、マナー講座・接客応対研修・上手なコミュニケーション方法、チームワーク育成法(ホウレンソウ)、管理職研修、部下育成、OJTの仕組みづくりを中心に講師を務める。
更には、他大手ホテルチェーンや独立系ビジネスホテルの人材育成指導、及びコンサルタントを担当。

中学校・高等学校向けの職業講話では、年間約 30校に出向き、コミュニケーションの取り方や社会人として必要な事、働くとは、マナー講座の講演をしている。

 

講師からのご挨拶

組織のトップにいる人が、どれだけの愛情をかけて向き合っていても、色々なことが起きます。
それは、瞬間瞬間で人が成長しているから、接点に違いが出てくるのだと思います。

どれだけその人の傾向が分かっても、どれだけその人のスタイルが分かっても、
常にその感情や状況でいるわけではありません。
人と人の組合せだけでなく、接するタイミングでも状況・条件は変わるから、
マネジメントに黄金律は無く、常に観ていることが大切なんだと感じています。

大切な事は、相手をよく観ること。

そして、その自分がブレないこと。
やり続けること。何が起こっても逃げないこと。
「自分自身がどうあるか」が大切な事なんだと信じています。

このスタンスを作り出すのが、マザーリングマネジメントです。

マザーリングは「自発的でご機嫌な社員を育てる」マネジメントですが、
自分自身の認知を書き換え、自ら行動を変えていく、セルフマネジメントでもあります。
「ご機嫌」は自分で作り出すことができるものです。

イントロダクション講座では、私自身の実践体験も交えて、マザーリングのエッセンスをお伝えします。
受講される皆さんが、自分なりの気づきと、”次”につながるパワーを得てもらえれば、これほど嬉しいことはありません。

 

マザーリングマネジメント・イントロダクション講座
【講師】 杉浦 敏代(マザーリングマネジメント協会 講師)
【日時】 4月20日(金) 19:00〜21:00 受付終了
【会場】東京芸術劇場 ミーティングルーム
東京都豊島区西池袋1-8-1
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分(駅地下通路2b出口と直結)
【対象】どなたでもご受講いただけます
【受講料】5,400円(税込)
既にイントロ講座を受講された方は【再受講割引】をご利用くださいませ
【お支払方法】クレジットカード決済(Paypal)/ 銀行振込
※銀行口座等の詳細はお申込み後ご連絡致します

 

金子祐子からのメッセージ

ぴんぴんさんこと杉浦敏代さんは、中間管理職というご自身の立場を通し、
様々な試行錯誤を繰り返しながら、周りの人たちとの関係性を築いてきた人です。

その素直さとパワフルさで、行動し、気づきを得、学びを重ねることで、
自らのキャリアを切り拓いてきました。

誰もがそうであるように、
「今」この瞬間は自分の行動の積み重ねでできています。

だから、今、目の前で起きていることは、
誰のせいにもできないのです。

でも、だからこそ、自分の未来は、自分で作れるのです。
自分さえその気になれば。

ぴんぴんさんは、目の前で起きていることをしっかり受け止め、
「自分の希望する未来を創り出すためにはどうしたらいいか?」を
考え続け行動した、マザーリングマネジメントの体現者です。
見せかけだけではない、そのパワーと元気をぜひ、体感されて頂ければ嬉しいです。

マザーリングマネジメント協会 代表理事 金子祐子


 

ページ上部へ戻る