理事長プロフィール

金子祐子理事長プロフィール

理事長 金子 祐子
株式会社ナビ 代表取締役社長(ホテルグリーンコア運営)

1961年、埼玉県生まれ。長男と双子の娘の母親。

1986年より⽗親が始めたビジネスホテル業に従事。
埼玉県幸手市、白岡市、茨城県土浦市に加え、
2016年12月坂東市に「ホテルグリーンコア坂東」を開業。
現在4地区5館、合計470室を経営。

宿泊顧客のリピート率が60%を超え、週末を含む平均稼働率92%、
ユーザー評価地域 No. 1 のビジネスホテル「ホテルグリーンコア」を作り上げた。
スタッフが⾃発的に新サービス開発に取り組み、お客様が求めていることを、期待を超えて提供していく全員接客を実現。

2015年よりマザーリングマネジメント協会を設立。
ホテルで培った独自のマネジメント手法を、効率的経営や、管理型マネジメントに替わる新しいマネジメントとして、コミュニケーションスキルやマインドセットを学べる講座・講演活動を行う。

2017年7月、自身初の著書となる
『泣ける会議 -部下が活躍できる職場にする マザーリングマネジメント-」を実業之日本社より上梓。

書籍紹介
ホテルグリーンコアでの取り組み・実績は
『巡るサービス―なぜ地⽅の⼩さなビジネスホテルが⾼稼働繁盛ホテルになったのか』オータパブリケイションズ (2012年、近藤寛和著)
『社員が夢中になって働き出す 包むマネジメント』ぶんか社 (2014年、近藤寛和著)
にまとめられている。

 

 

理事長ご挨拶

「マネジメントと母性」をより体系的・実践的に学びたい方へ

人の成長を見守る。
それが、マネジメントするということ。
マザーリングマネジメントの普及推進活動を通じて、自発的に仕事に取り組むご機嫌な社員を増やしたい。
そう考えて、「見守り、変化を拾い、適切なタイミングで働きかける」ためのコミュニケーションスキルやマインドセットが学べる講座・イベントを開催するなど、さまざまな活動を行っています。

「マザーリング」と言っても、「母」「女性」のみを対象としたマネジメントメソッドではありません。
むしろ、効率的経営や、社員を指示・命令によってコントロールする従来型のマネジメントに限界を感じている男性にこそ、効果を実感していただける新しいアプローチのマネジメントです。

自発性のない組織に、ホスピタリティの精神は育ちません。
心に寄り添うマザーリングマネジメントの実践と 体験が、悩める経営者・マネージャの皆さまにとって、ブレークスルーのきっかけとなれば幸いです。

また、私たちは、子育てを終えた女性の社会復帰支援を通じて、社会全体の活性化をめざしています。 子育てを経験した女性が、社会でますます活躍できれば、日本の未来はより明るくなると信じています。

ページ上部へ戻る