第6回マザーリングが聞く講座

「傾聴とは、我慢して聞くことではない。質問して、理解を深めること」

第6回マザーリングが聞く講座

マザーリングマネジメント協会の理事長である金子祐子は、ホテルグリーンコアを経営する社長でもあります。
その社内会議の中では、社長自ら、スタッフに「ん? なんで?」という質問を繰り返します。
これ、社内では「祐子社長のなんで、なんで攻撃」と呼ばれています(笑)

「質問すること」は、マザーリングマネジメントの核である「見守る・傾聴・ストローク」の傾聴において、もっとも重要なアクションです。
単純に、「大きく頷きながら、黙って相手の話を聞く」行為が傾聴なのではありません。

相手に強い関心を持っているからこそ、質問によって本質を掘り下げ、
本人ですら気づいていなかった領域にまで踏み込んで真髄を明らかにし、
本人にも、そして周りにも、新たな気付きをもたらすことができるのです。

私たちが幾度となく味わってきたこの驚きと感動を、どうしても社外の皆さまにも体験していただきたくて、
このシリーズ講座を企画しました。

お招きするのは、さまざまの業界の名人・達人。
「質問」によって広がる世界を味わいながら、一流の技術や考え方を受け取れる講座です。

ぜひ、一緒に楽しみましょう!

事務局 入澤 健

中野巧さんは、ベストセラー『6分間文章術』(ダイヤモンド社)と言う文章術の本の著者なんです。

ビジネスのさまざまなシーンにおいて「共感力」を磨くことが、文章力、マーケティング力、コミュニケーション力、企画力など、プロフェッショナルの仕事力を高めるという考えから、「共感」を生み出す再現性あるメソッドの研究開発に力を入れています。

大学の建築学科を卒業後、積水ハウスで住宅の設計をしていたという文系ではない、変った経歴から始まり、30歳を目前にウェブマーケティングの仕事で独立。

その後、仕事の効率化のため、10年書き続けてきた独自の文章メソッドを1枚のチャートに結晶化し、エンパシーライティング・メソッドを開発します。

エンパシーライティング講座は大人気講座で、毎回満席、キャンセル待ちが続いています。

また、エンパシーライティングは、企業研修や地方自治体、教育機関などで幅広く活用されています。

当然、ホテルグリーンコアでも活用しています。

エンパシーライティング・メソッドの開発者の中野巧さんに直接、共感を生み出す文章、その源になる考え方や真髄を、是非、聞いてみたいと思います。

参加者の皆さんと、共感を生み出す源を共有したいと思います。

金子 祐子

中野巧
【ゲスト】中野 巧

株式会社 studio-K 代表取締役
エンパシーライティング®開発者

「共感」を「結果」につなげる文章術─エンパシーライティング®は、ビジネスや企業研修、地方自治体、教育機関など幅広く活用され“共感される文章の力”で多くの成果を上げている。

高校の国語の成績は10段階評価で2だったが、大学の建築学部と積水ハウスでの設計業務で培われた「建築」知識と「文章」との共通点を見出し、人を動かす文章が1枚のチャートで書けるようになるエンパシーライティング®を開発。アジアを中心に日本以外にも広がっている。

著書に『6分間文章術』(ダイヤモンド社)、『売れる文章術』(フォレスト出版)がある。


【ナビゲーター】金子 祐子

ホテルグリーンコア 代表取締役社長
一般社団法人 マザーリングマネジメント協会 理事長

開催要項

【開催日時】2019年6月21日(金) 19:00~21:00  お申し込み

【会場】東京芸術劇場 ミーティングルーム
東京都豊島区西池袋1-8-1
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分(駅地下通路2b出口と直結)

【対象】どなたでもご受講いただけます

【持ち物】筆記用具

【受講料】8,000円(税込)

【お支払方法】クレジットカード決済(Paypal)/ 銀行振込

※銀行口座等の詳細はお申込み後ご連絡致します
※当日会場でのお支払いはお受け出来かねますので、事前のお支払いをお願い致します。
(会場の規則により金銭授受を禁止されております)

  お申し込み

【今後の予定】

第7回 2019年7月19日(金)
ゲスト:ホスピタリティ教育の第一人者
東京YMCA国際ホテル専門学校校長 小畑 貴裕 様

第8回 2019年8月28日(水)
ゲスト:衰退産業を再生
株式会社アウンズ・ヤナギハラ 柳原 一貴 様

事務局〈担当:入澤〉
E-Mail info@mothering-m.or.jp
TEL 0480-42-7788
FAX 0480-42-5643

ページ上部へ戻る